キャッシングを収入証明書なしで即日に!

キャッシングを収入証明書なしで即日にできる限度額は!

キャッシングを収入証明なしで即日にできるサービスをご紹介します。

 

ただし、キャッシングが収入証明書なしで即日にできるには、借り入れができる金額に上限があります。

 

融資可能限度額まで収入証明書なしで借り入れができるのではないので、注意が必要です。

 

初めにキャッシングを収入証明書なしでできる金額と併せて、収入証明書が必要になる場合をまとめておきます。

 

その後、キャッシングサービスの少し詳しい情報をまとめておきます。

 

■収入証明書による年収確認が必要な場合

 

三菱UFJフィナンシャル・グループアコム
○利用限度額が50万円を超える場合
○当利用限度額と他の貸金業者からの借入の合計額が100万円を超える場合
○既に提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

 

 

アイフル
○利用限度額が50万円を超える場合
○当利用限度額と他の貸金業者からの借入の合計額が100万円を超える場合
○既に提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

 

 

三井住友銀行グループのモビット
○申込時に本人確認資料と収入証明書の提出が必須
ただし、契約内容により、収入証明書が不要となる場合がある

 

 

三井住友ファイナンシャルグループのプロミス
○利用限度額が50万円を超える場合
○当利用限度額と他の貸金業者からの借入の合計額が100万円を超える場合
○既に提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

 

 

レイク(新生銀行グループの銀行カードローン)
○契約額が100万円を超える場合

 

 

オリックス銀行カードローン
○限度額300万円以下は、所得証明書不要

キャッシングを収入証明書なしで即日にできるサービスの概要!

キャッシングを収入証明書なしで即日にできるサービスの特徴をまとめます。

 

収入証明書なしの条件を確認した上で各サービスの特徴を捉えて、利用するサービスを検討しましょう。

 

 

三菱UFJフィナンシャル・グループアコム
金利:4.7〜18.0%
融資可能額:1〜500万円
即日融資期限の時間:14:00まで
特徴:
・即日融資・即日審査も可能
・金利0円サービスを開始・実施中
・楽天銀行口座を持っている方は24時間振込可能
・自動契約機:むじんくん(21:00まで)

 

アイフル
金利:4.5〜18.0%
融資可能額:1000円〜500万円
特徴:
・即日融資・即日審査も可能
・最短で30分で審査完了
・利用限度額が50万円以下、かつ他社を含めた借入総額が100万円以下のケースは収入証明書は原則不要
・キャッシングの目的別に選べる貸出種別が豊富
・配達時間えらべーる…指定の時間帯に自宅でカードが受け取れる宅配サービス
※家族に内緒で受け取れる・秘密に借りれる
・無人契約でんわBOX「てまいらず」

 

三井住友銀行グループのモビット
金利:4.5〜18.0%
融資可能額:1〜500万円
即日融資期限の時間:14:50
特徴:
・即日融資・即日審査も可能
・10秒で審査結果表示
・三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通口座を持っている方はWEB完結申し込みがおすすめ
・勤務在籍確認なし
・モビットからの郵送物なし!
・14:50分までの申込みなら最短3分で振込み可能

 

三井住友ファイナンシャルグループのプロミス
金利:4.5〜17.8%
融資可能額:1〜500万円
即日融資期限の時間:14:00
特徴:
・即日融資・即日審査も可能
・WEBからの申込契約だけ即日振込みOK
・9〜21時なら自動審査で最短1秒回答可能!
・簡単3秒診断可能!
・初回利用から30日間無利息サービス!
(契約時にメルアドを登録、あわせてWEB明細を選んだ人のみ)
・学生・パート・アルバイトもOK

 

 

レイク(新生銀行グループの銀行カードローン)
金利:4.5〜18.0%
融資可能額:1〜500万円
即日融資期限の時間:14:00
特徴:
・即日融資・即日審査も可能
・総量規制対象外の銀行カードローン
・キャッシング契約時に「5万円まで180日間無利息」と「30日間無利息」の2つのみ利息ローンから選んで契約が可能
・ATMの利用手数料無料
・学生・パート・アルバイトも可能
・自動契約機で申し込みからレイクカード発行まで約40分!

 

 

 

オリックス銀行カードローン
金利:3.0〜17.8%
即日融資期限の時間:最高800万円
特徴:
・総量規制対象外の銀行カードローン
・融資300万円まで収入証明書提出不要
・総量規制対象外の銀行カードローン
・最短即日審査可能!(即日融資は不可)
・おまとめ・借り換えOK!
・ATM手数料無料!1000円単位で借入可能
・口座開設不要で借入OK

キャッシングを収入証明書なしで即日にできない場合の提出書類

キャッシングを収入証明書なしで即日にできない場合は、所得を証明する書類を提出する必要があります。

 

提出書類は、金融会社によって違いがあるので、条件以上に借入をしようと考えている場合は、各社の求めている書類を確実に準備する必要があります。

 

三菱UFJフィナンシャル・グループアコム
以下の証明書より1点を提出
●源泉徴収票
最新のものを提出

 

●給与明細書(直近1ヵ月分)

 

住民税(地方税)」の記載がない場合は直近2ヵ月分が必要。(賞与明細書がある場合は直近1年分もご提出)
※給与明細書に「本人の氏名」「発行年月」「勤務先名(発行元)」「月収」が明記されていることを確認
記載内容が手書きの場合、勤務先の社判または社印が必要(担当印のみでは受付けできない)

 

●市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
●所得証明書(最新年度のもの)
現在発行(交付)される「最新年度のもの」を提出
※前年分の所得を証明するものになる
※書類名称は市区町村役場により相違する場合がある

 

 

アイフル
以下のいずれかのコピー1部(最新分のもの)
※原本をご提出いただく必要はありません。
●源泉徴収票
「公的年金等の源泉徴収票」および「退職所得の源泉徴収票」を除く

 

●給与明細書
給与明細の直近2ヶ月分
※賞与明細書(1年以内のもの)

 

●住民税決定通知書、納税通知書
住民税決定通知書は毎年6月頃お勤め先を通じて届く市区町村発行の『特別徴収税額の決定・変更通知書』など。

 

●確定申告書
税務署受付印または税理士印があるもの、もしくは電子申告の受付日時、受付番号の記載があるもの

 

●青色申告決算書
税務署受付印または税理士印があるもの、もしくは電子申告の受付日時、受付番号の記載があるもの

 

●収支内訳書
税務署受付印または税理士印があるもの、もしくは電子申告の受付日時、受付番号の記載があるもの

 

●支払調書
報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書

 

●所得証明書
市区町村役場にて発行のもの

 

●年金証書、年金通知書
年金以外に主となる定期的な収入がある方に限る
(主な収入が年金のみの方はキャッシングサービスの対象外となる)

 

 

三井住友銀行グループのモビット
●源泉徴収票の写し

 

●給与明細書の写し
給与明細の直近2ヶ月分
※賞与明細書(1年以内のもの)

 

●税額通知書の写し

 

●所得証明書の写し

 

 

●確定申告書の写し

 

三井住友ファイナンシャルグループのプロミス
●源泉徴収票
提出日が、1月1日から2月末日の場合は、証明する年度が前々年度以降のもの
提出日が、3月1日から12月31日の場合は、証明する年度が前年度のもの

 

●確定申告書証明年度が前年分のもの
※提出日が1月1日から3月31日の場合は、証明年度が前々年分のものも受付可能

 

●税額通知書・所得(課税)証明書
所得(課税)証明書は「収入額」と「所得額」の記載があるもの
提出日が、1月1日から6月30日の場合は、証明する年度が前々年度以降のもの
提出日が、7月1日から12月31日の場合は、証明する年度が前年度のもの

 

●給与明細書《直近1年間に賞与がない場合》  直近2ヶ月分
《直近1年間に賞与がある場合》  直近2ヶ月 + 1年分の賞与明細書

 

レイク(新生銀行グループの銀行カードローン)
●源泉徴収票
前年度(直近分)
※「公的年金等の源泉徴収票」および 「退職所得の源泉徴収票」は除く

 

●所得(課税)証明書
前年度(直近分)
※市町村役場で発行されたもの

 

上記の書類が困難な場合
●給与明細書(直近の3ヵ月以内の連続2ヵ月分)
※給与明細書に「本人の氏名(フルネーム)」「発行年月」「発行元名」「月収」が明記されていること
記載内容が手書きの場合、発行元の社印もしくは社判が必要
※直近の賞与明細書(過去1年以内のもの)

 

 

オリックス銀行カードローン
年収を確認できる書類の写し(いずれか1通)
@勤めの方
●源泉徴収票
●住民税決定通知書または課税証明書
●納税証明書(その2)
●確定申告書(付表含む)(※)

 

A 個人事業主・会社経営の方
・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書(その2)
・確定申告書(付表含む)(※)
※ 税務署の受領印のあるもの。E-tax利用の場合は申告書の写しと受信通知が必要

 

 

コラム
キャッシングとは銀行や消費者金融からわずかなお金を貸付けて貰う事です。
通常、融資を受けようとすると人的担保や物的担保が必要になります。

 

 

けれども、キャッシングの場合は人的担保や物的担保を用意する必要がありません。

 

 

 

本人だと確認可能な書類さえあったら基本的に融資可能と判断されます。

 

インターネットが広まってからはPCやスマートフォンなどからもお金を借りられるようになったので、気軽に利用することができるでしょう。それに、キャッシングができるのは18歳、或いは、20歳以上である人かつ職に就いている人で一定の収入がある人になります。

 

 

 

キャッシングの金利は借りる会社それぞれでちがいます。なるべく低い金利のキャッシングができる会社を探し求めるのが大切になります。審査をキャッシングに際して行う時には、確認される項目として、属性情報、書類審査、在籍確認、信用情報等があります。
確認作業をこれら基本情報に対して行って、返済能力を有しているか否かを判断を下すのです。

 

万が一、虚偽の申告であることが発覚すると、審査には通りません。
その時に、多額の負債を抱えていたり、事故に関する情報があると、キャッシングの申し込みは、審査によって落とされるでしょう。

 

キャッシングをやると返済日までに借り入れた金額に利息を足した額を返済をおこなわないといけませんが、一回だけでも延滞をしてしまうと業者から一度で支払いを要求されることもあるでしょう。

 

ですから、金額を用意できないときは予め業者に伝えておくのがよいでしょう。突然な督促が来ることはなくなり返済についての相談にのってくれます。少額のキャッシングで一括返済できるものなら、金融業者のうち、無利息期間を設けているところを当たってみるのも良いでしょう。
全額を無利息期間中に返済すれば利息はゼロですから大変、便利です。

 

返済が、一括でされない場合でも、利息のかからない期間のある金融業者の方が一層キャッシングが有利なものとなることが多いので、その旨考慮して、比較して下さい。昔キャッシングで借りていた場合、過払い金請求ができる可能性があります。請求を行いたい時には司法書士や弁護士の先生方を利用指せて頂き、内容証明を得て、手続きを行うことで、請求が通るかも知れません。

 

まずは無料相談により内容を打ち明けましょう。キャッシング業者は様々ですが、即日でお金を貸して貰えるような業者もあるでしょう。即日でお金を貸して貰えると、お金が翌日にすぐ必要な時にも使えますね。ですが、申込みをする時間帯やその方法によっては、その日のうちにすぐお金を借りられないと言う事もありえます。加えて、審査の結果がだめだった場合、お金を借りられませんから、要注意です。

 

 

金融機関ごとに借りられる限度額にちがいがあり、小口や即日の融資のみではなく、300万円や500万円の一括融資も受けることが可能です。
申し込みから融資されるまでが早く、さくっとにお金を手にすることができるため結構便利です。カードを利用して借用するというのが一般的でしょう。キャッシングをするための審査がないという業者は、確実に闇金でしょう。

 

キャッシングは担保なしでお金を貸しますから、返済して貰えるかどうかを審査することで考えています。
返済ができな指沿うな人には融資をしないようにしないと、お金が回収できずに、潰れてしまいます。
と言う事は、審査のない業者は絶対に返済指せる術を考えていると言う事です。金融業者の自動支払機を操作してお金を貸りるのであればずるずると借りたままにしないで下さい。延滞すると、払うべき額の他に遅延損害金を払わないといけなくなります。

 

 

それに、返済を求める連絡を受けつけないと、法的に白黒はっきり指せられるでしょう。返すのが遅れてしまったら、争う気はないと理解してもらって、なんとか金策に走りましょう。